スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
米軍住宅がまだ残る稲荷山
今日は、朝から雨が降ったり、止んだりと良い天気ではないな。

今日も帰り際に少し歩いてみるかと考えて、
入間市で電車を降りてみた。
この駅はよく使うけれども、
今まで一度も降りたことが無い北口へ歩を進めた。

駅前ロータリーが整備されているうえに
賑わっている反対口に比べて、
北口は商店がわずか1軒。
人の動きもまばらだ。

すぐに下り坂になり住宅街を歩く。
国道16号に出ないで、
裏道を歩くと入間黒須団地にぶつかる。
さらに裏道を進むと、稲荷山公園の麓を通る道路に出た。

周りには、まだ数軒
米軍住宅に使われていたらしい建物が残っていた。

戦後、日本陸軍狭山飛行場を米軍が接収して
米軍ジョンソン基地だったころ、
基地の周りは米軍住宅が多く建てられていたらしい。
時は流れて、ほとんどの住宅が壊されてしまったが、
まだこれらの建物が残っているとは
思いもしなかった。
いつまでも残って欲しいと思う。

道路を登っていくと、右に西武池袋線。
左に狭山市博物館と稲荷山公園が広がる。

昔の・・・と言っても数年前までは、
まだ米軍住宅が残り、
ハイド・パークと呼ばれ
独特の空気が漂っていたが、
県営狭山稲荷山公園になった途端、
全てが取り壊されて、
ただの公園になってしまった。

ハイド・パークの頃が懐かしい。
スポンサーサイト


2006.11.11 Sat | 未知の道 | T:0 | C:0
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。