スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
会津若松へ
10月25日

三度仙台へ戻る。

仙台駅のお土産コーナーで
地ビール「仙台七夕ビール」と笹蒲鉾を購入し、
15時28分発の郡山行に乗り込む。

丁度学校帰りの時間と重なり、車内は学生達で一杯だ。
先に常磐線のいわき行きが出発。
6両か9両編成の電車に、多くの人達を乗せていった。

15時28分に出発。
仙台の次、長町駅は高架になり駅の周りは再開発が進んでいる。
長町からすぐの所には、まだ使われていないホームがある。
新しい駅かどうかは分からない。
そして、名取からは仙台空港を結ぶ新しい鉄道が作られている。
ただ分かるのは、仙台の街が急速に変わっていく。それだけだ。

郡山に着いたときは、もう夜だった。
ここで、吉野家に入り夕食とする。
駅に戻ると、駅ビルに地酒コーナーがある。
利き酒コーナー(500円)があるので、早速試してみた。
・花春 吟醸
一番呑みやすく、すぐに飲み干してしまった。
甘口でおいしい。
・大七 生もと
辛口のお酒。少し呑みづらい。
・栄川 純米酒
2番目に呑みやすく美味しい。
・末廣 純米吟醸
これは辛口。一番呑みづらい。

日本酒の試飲コーナーは越後湯沢だけかと思っていたが、
郡山にもあるとは思わなかった。良いところを発見できて良かった。

郡山からは磐越西線の会津若松行に乗車する。
外は真っ暗でどこにいるのかも分からず。
約1時間超で会津若松に着いた。

スポンサーサイト


2006.10.30 Mon | 未知の道 | T:0 | C:0
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。