スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
孤独の肖像
今日は仕事が終わった後、

高田馬場で映画を見てきました。

向かった映画館は早稲田松竹

この映画館に来るのも何回目だろうか。
自分が馬場で働いていたときからよく見にきていました。
早稲田大にも近く名画座としても有名で、
今日も立客が出るほどの盛況でした。

さて今日から1週間、「孤独の肖像」というテーマで上映されるのは「ヨコハマメリー」と「太陽」。

ヨコハマメリーは娼婦(しょうふ)として
50年間、横浜の繁華街に路上に立ち続けた
ハマのメリーさんを取り上げたドキュメンタリー映画。

1995年以前から横浜に住んでいる方や仕事、遊びで横浜に行かれている方は顔に真っ白の化粧をしたメリーさんを見たことがあるかもしれません。

感想としては、シャンソン歌手の歌に心を打たれたし
三味線で唄を歌う芸者さんの姿を見ていたら、
徳島城博物館で阿波踊りライブをするお鯉さんの姿を思い出したり、
メリーさんの生き方を見ていて、自分と重ねてみたり…。
いろいろと考えてしまいました。

ドキュメンタリー映画の中では秀逸な作品とも言えるだろう。

次に見た「太陽」。

イッセー尾形が演じる昭和天皇。
終戦から人間宣言が出されるまでの昭和天皇を題材にした映画だ。

この映画は、実は日本でもアメリカでも作られていない。
ロシア・スイスなど4カ国の合作映画だ。
そしてある種、独特な映画と言いたい。

正直に言うと、地味な映画だが、
終戦時の様々な苦悩や思いが交錯していたと思われる昭和天皇を
イッセー尾形が見事に演じている。

そして、周りも天皇を神として敬うがあまり、
天皇を孤立にさせているようにも見える。

「誰も私を愛していない。」

そのセリフがやけに重く感じたのは私だけだろうか?

今度は小津監督の東京物語・麦秋を見に行く予定だ。
スポンサーサイト


2007.01.20 Sat | 日々の出来事 | T:0 | C:2
コメント
タツロ-さんのブログからきました。はじめまして。偶然の昨日休みで、えいがみてきました。前から観たいものでしたので早速ということでした。面白かったです。よろしかったら下記ごらんください。
http://blogs.yahoo.co.jp/haru91050/12282094.html
2007-01-24 水 01:36:47 | URL | KOUKOU #- [ 編集]
KOUKOUさま、はじめまして。
これからもよろしくお願いします。

早速、KOUKOUさんのブログを拝見させていただきました。

ヨコハマメリーについては、私も見忘れていた映画だったので良かった、というより感動ものですね。

太陽は人の見方によって評価が分かれる作品だと感じました。
でも、いきなり終戦前夜から終戦後の9月まで飛んだのには驚きました。
2007-01-24 水 10:14:11 | URL | 剛 #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。